about 2021-10-11T17:55:40+00:00

about

Berry's gardenについて

体験型︎農園&アグリブランド Berry’s Garden〈ベリーズガーデン〉

つくるのは、”あなたの特別な畑時間”
届けるのは、”あなたの幸せなスキマ時間”

ここは、花も、果実も、福も、愛も、実る場所。
そんな土地からうまれるもので、大切なあなたの日常のスキマに特別な畑時間や幸せをお届けします。

img_1783.jpg

1:Berry’ s  Gardenで過ごす”特別な畑時間”

畑で過ごす、収穫体験。

198709575_4043573752393966_7418547177395708959_n
241952337_368196654974781_2142457983278152748_n
201464895_4053260468091961_5561135491246253141_n

畑で味わう、非日常の特別な時間とおいしさ。

日々忙しい日常の中につくる、あなただけを癒せる場所。

そんな畑のイベントを開催します。

ぜひ畑においで頂き、畑ありのままの空気、天気、農産物をお楽しみください。

▼Event▼

 

2:Berry’s  Gardenから”しあわせなスキマ時間”をお届け

農産物や加工品をおうちにお届け。

DSC_0053
DSC_0088
DSC_0059

毎日、仕事に家事に忙しい女性。日々追われるような毎日に目が回り自分を見失いつらくなってしまうときすらあります。

でも、実は世の中の女性たちは、その”スキマ”に幸せを見つけるのが上手。

ー職場でのランチタイムの後にお気に入りのお菓子を開けるとき

ー家事と仕事の間にふらっと立ち寄った先で見つけた素敵なアクセサリー

ー子供のお昼寝中に読むお気に入りの本・・・

ほんのちょっとのスキマでも、ちいさな”幸せ”があるだけでまた不思議なくらい頑張れる。

きっと、スキマ時間がより充実したものになれば、人生はもっと豊かに幸せになる。

Berry’sGardenはそんな農産物やアイテムもお届けします。

▼shop▼

ふくしまの果実、農家のこと。

おいしさのわけ① 『風土』

福島は盆地特有の気候で、夏は高温多湿、年間の降水量は少なく冬は寒冷です。
くだものは、「暖地性(暖かい気候でできる)」と「寒地性(寒冷な気候でできる)」の2つに分類されます。福島では、その恵まれた風土により両方が生産でき、四季折々のくだものが生産されています。

モモ・ブドウ・梨 等・・・暖地性
リンゴ・さくらんぼ 等・・・寒地性

もも

全国二位の生産量を誇る有数の生産地。福島は盆地で、特に夏は暑いだけでなく湿度もあり糖度が高くなります。果肉も密でしまっているのが特徴です。福島の代表品種の「あかつき」は、福島市中心部にある信夫山の「暁参り」が由来です。

りんご

りんごは、昼夜の温度差がある場所では、昼は成長し、夜は寒さから身を守るという性質があります。その過程を繰り返し、実が引き締まって糖度が高くなります。また、福島は雪が少なく長い期間木に実をならせ続けることができる為、完熟した甘いリンゴができるのです。

おいしさのわけ② 『農という文化をつなぐ』

農家は職人。特に「どれだけ良い質のものをつくるか」を極めていくには、これまで畑を守ってきた農家の力無くては出来ないものです。その土地の雲の流れや風の向き、気温の変化を瞬時に察し畑と自然と向き合ってきた経験無くしては、今までこれだけ美味しいものができてはこなかったもの。農家は伝統でもあり文化でもあります。
そんな職人たちがまだいる福島の農産物は、世界に誇れる本当においしいものとなっています。Berry’ s Gardenはそんな文化をつないでいくことを目指します。

※2020よりスタートしたBerry’ s  Garden Farmの桃畑も、高齢になってしまい畑ができなくなってしまった方の畑を運営しております。

 

安心・安全

・放射性物質検査済み
・加工許可認定取得工場、工房にて製作

Berry’sGardenのミッション

about_missionimage
14695528_1110939585657412_1366750053576368759_n
14702514_1110939618990742_5512619691104466415_n

『農業は、いのちをつないでいく仕事。』

農業をその土地でつないでいくために、
できることを。

それが、Berry’sGardenのミッションです。

Producer & Designer

景井 愛実|Manami Kagei

Berry’s Garden代表。
2007年、福島県の果樹農家に嫁いだことをきっかけに農業に携わる。
東日本大震災からの風評被害を経験し、さらにはフードロスの現状を知ったことをきっかけに「農業」と向き合い、活動をスタート。美容関係やアパレル職の感性から、2017年に「Berry’sGarden」として加工商品開発・発信部門の展開へ独立。2020よりBerry’ s Garden Farmとして初の桃畑をスタート。すべての”こたえ”は畑にあるという事を信念に、畑と食の関係人口をつくる取り組み「畑ありのままプロジェクト」を進行中。

Berry’ s Gardenの想い

「Berry’s Garden」は、「実り」「果実」「愛の実」と「庭」「集う場」「プラットホーム(土台・環境)」という意味です。

”畑のありのまま”を大事にしたい。

毎年必ずと言っていいほど、どんな作物でも場所でも「被害」と言われるような自然の影響が多くあります。

台風、雹、地震、水不足・・・

しかし、わたしたちは、自然をコントロールすることはできません。

何年も、何十年も、何百年もの間の様々な自然の要因で、今、目の前にある農産物ができあがっています。

天気や、気温、そして天災までもが畑の価値のそのものなのです。

畑で作業する私たちは、その恵に少し手を加えることで、食べてくれる誰かにお届けすることができています。

カタチ、色、大きさ、味、それは毎年毎年同じものはできません。

それでもすべてに価値があるものです。

流通や店頭で販売を行う場合は、お客様に安心や見える価値を提供する必要があり、「規格」が生まれます。

それにより、その「規格」に該当しないものは食べていただくことがそもそもできないことも多い現状もあります。

もちろん、流通は無くてはならない大事なものです。

贈答用の農産物も大切です。

しかし、自然の影響が大きく「規格外」の方が多くなる状況で、

わたしたちはもう一度、農産物の「そのままの価値」を考えていきたいと思うのです。

そして、農産物の背景やストーリを知って食べられることは、知らないで食べるよりも何十倍何百倍も感謝が生まれ、価値を感じられます。

その価値は、特別感や充足感。

「しあわせ」を感じることができます。

Berry’ s Gardenでは、少しでもそんなしあわせをお届けできるような取り組みをしていきます。

Berry’s gardenでは、「畑が誰かの大事な庭である」という想いのもと、”food loss and waste”に一次生産現場で向き合うこと、農産物の価値を考えることを大事にしています。

ぜひ1人でも多くの方に賛同いただけると幸いです。

―「農業」から、「愛、実る、プラットフォーム」を目指して。―

Berry’sGarden 景井愛実

Berry’s Gardenは、「愛、実る場所」。

「農業」から「愛、実るプラットフォーム」を目指して。

 

information

事業概要

社名Berry's garden
所在地〒960-8061 福島県福島市五月町1−11
代表景井愛実
事業内容① 桃の生産・販売
② 青果物加工・卸・販売業
③六次化商品開発企画/サポート事業/セミナー講師
④畑イベント/販売販促企画コーディネート業務
⑤レッスン講師(スムージー・ローフード)
⑥農業関連商品・プロモーションイベントプロデュース

Producer's story