news 2019-03-18T19:52:00+00:00

news

Berry's garden news

ー最新記事ー

投稿日:2021年6月22日


【桃収穫】フードロスがない世の中へ!「畑のありのまま」と「おすそわけ」を届ける桃!収穫イベント&予約販売開始しました!【2021】

”畑のありのまま”を大事にしたい。

今年は、春先にかなり低い温度の霜が降りました。これは桃だけでなく、りんごや梨、さくらんぼなど、果樹全般が影響を受けています。

また、エリアは福島だけでなく山形や群馬など広い範囲で霜被害があり、ひどい所は9割減。収穫できたとしても色付きが悪かったり、形が悪く不ぞろいになってしまったり、影響は大きくあります。

ここまで酷い影響は経験がないと近所の80歳のおじさんに言われたほど。

今年は霜の影響が大きくありますが、毎年必ずと言っていいほど、どんな作物でも場所でも「被害」と言われるような自然の影響が多くあります。

台風、雹、地震、水不足・・・

しかし、わたしたちは、自然をコントロールすることはできません。

何年も、何十年も、何百年もの間の様々な自然の要因で、今、目の前にある農産物ができあがっています。

天気や、気温、そして天災までもが畑の価値のそのものなのです。

畑で作業する私たちは、その恵に少し手を加えることで、食べてくれる誰かにお届けすることができています。

カタチ、色、大きさ、味、それは毎年毎年同じものはできません。

それでもすべてに価値があるものです。

これまでBerry’s gardenでは、自然被害による農産物を救うべく販売をサポートして参りました。

そのたびにたくさんの方のおかげで半日程度で2トン~3トンを完売することができ、感謝とホッとする気持ちでいっぱいでした。

しかし、同時に感じたことは、「被害」の時だけ「支援」では、もう畑も農産物も守っていけないということ。

流通や店頭で販売を行う場合は、お客様に安心や見える価値を提供する必要があり、「規格」が生まれます。それにより、その「規格」に該当しないものは食べていただくことがそもそもできないことも多い現状もあります。

もちろん、流通は無くてはならない大事なものです。

しかし、自然の影響が大きく「規格外」の方が多くなる状況で、わたしたちはもう一度、農産物の価値を考えていきたいと思うのです。

だからこそ、Berry’s garden Farmでは、その「規格」を設けることで起こるフードウェイスト(& Foodloss)を無くすことを目指して、日常的に「贈答用」や「家庭用」などの「規格」をつくらないことにしました。

色や形にとらわれず、畑ありのままの農産物を知っていただきたいのです。

Berry’s gardenでは、「畑が誰かの大事な庭である」という想いのもと、”food loss and waste”に一次生産現場で向き合うこと、農産物の価値を考えることを大事にしていきます。

ぜひ1人でも多くの方に賛同いただけると幸いです。

そして、ご賛同いただける方に、Berry’s garden Farmから2つの企画をご用意いたしました。

今回は人数限定で直接畑で収穫いただく【収穫イベント】と、「畑のありのまま」をおうちにお届けする【配送】の2つのプラン。

ぜひ”畑そのまま”の農産物をお楽しみください。

「おすそわけ」という文化を軸に、畑のめぐみとしあわせを循環する。

あなたが「おすそわけをしよう」と思ったときに、想い浮かぶのは誰ですか?

家族や友達、仲間、それは大切なひと。

SNSでは何万人と繋がれる今、「おすそわけしたい」と想うそんな大切な人たちは私たちの生活において実はそんなに多くはないのではないでしょうか。

自分の周りにいる「大切にしたいその人たち」と、その先にいる「その人たちが大切にしたい人」がしあわせであれば、世の中はみんなしあわせになるのではと思っています。

そんな大切な人のために、ぜひ、「畑そのまま」を伝えてください。

目の前にある農産物が貴重で尊いということをみんなが一緒に感じられれば、きっともっと日常に幸せを感じられます。

Berry’sGardenでは、そんな日本人として昔ながら大切にされてきた「おすそわけ」という文化もあらためて大事にしたいと考えます。

収穫でも、おうちに届いた場合でも、少しだけ大切なだれかに「おすそわけ」をしてみてくださいね。

PLAN1▶「畑のありのまま」を収穫!収穫祭!

Berry’sGarden farmにて、自分で桃の収穫を行っていただける【収穫祭】イベント。
はつひめ・暁星・あかつきの種類ごとに収穫をすることができます。
畑では、「規格」を設けることで起こるフードウェイスト(& Foodloss)を無くすことを目指して、「贈答用」や「家庭用」をご用意しておりません。色や形にとらわれず、あなたの目で「これだ!」と思えるものをぜひお選びください。
お持ち帰りでも、その場でたべるでもOK!

【来場特典】
■収穫いただく量は3Kg。この3Kgは、2Kgをご自分で楽しんでいただき、残りの1Kgはぜひおすそわけを。小分け袋もプレゼントいたします。
※参加人数に限らず量り売りとなります。
■農園で直接追加購入も可能。特別価格でご用意。
■農園から直接発送も可能。
■何回でも参加可能。2回目~は割引になります。

▼2021年収穫申し込みはこちら▼
1回目

7/2・3開催!”畑ありのまま”を収穫【はつひめ】桃3Kg大事な人にもおすそわけ【体験】

2回目

7/10・11開催!”畑ありのまま”を収穫【暁星】桃3Kg大事な人にもおすそわけ【体験】

3回目

7/24・25開催!”畑ありのまま”を収穫【あかつき】桃3Kg大事な人にもおすそわけ【体験】

☆Berry’sGardenでは、農産物は「自然からのめぐみである」ことを大事にしていきます。本来であればお客様のご都合やご希望を優先したいところですが、畑や農産物のそのままのタイミングや状態を優先することをご理解いただける方のみにご対応させていただきますことをご了承くださいませ。

※お申込みサイト内の注意事項をご確認のうえ、ご参加をお願い致します。

PLAN2▶「畑のありのまま」をおうちにお届け!

本当は、畑に来ていただくのが何よりも大事にしていきたいところですが、まだまだコロナの影響もあるので畑には行けない・・・という方へもお届けする準備をいたしました。

配送であっても、「規格」を設けることで起こるフードウェイスト(& Foodloss)を無くすことを目指して、「贈答用」や「家庭用」をご用意しておりません。

ぜひ畑そのままの農産物をお楽しみください。

☆収穫したら倉庫などに運ばず、畑より直送致します。より新鮮な状態でお届けいたします。
☆5Kg箱ご注文は玉数が多いので、おすそ分け袋を2枚お入れしています。ぜひ大切な方へおすそ分けをしてください。

▼2021桃のご注文はこちら▼

 
▲はつひめ 6月下旬~7月上旬のお届け 2Kg・5Kg

 
▲暁星 7月中旬のお届け 2Kg・5Kg

 
▲あかつき 7月下旬のお届け 2Kg・5Kg

  
▲3種類が3回届く特別コース! 2Kg・5Kg

☆「贈答品」「規格外」という規格の準備はありません。自然からできたものをそのままたのしんでいただきたいので流通における基準での選別は一切行いません。(※配送分に関しては、配送に耐えられるものを選んでお送りいたします。)
・形・色・大きさは揃っておりません
・傷と見えるようなもの、擦れ、シミなどがみられるもの
・その他、配送には影響がないが一般的に言われる”きれい”ではないもの
以上のものが混ざってのお届けとなることをご了承ください。

※その他、オンラインショップ内の注意事項をご確認の上、ご注文をお願い致します。

Berry’sGardenの桃の品種3選!

【はつひめについて】
福島で生まれた早生の品種。白桃で肉質はなめらかで果汁が多い夏を告げる桃の品種と言われています。

【暁星について】
福島県でできた品種。中玉。甘未が強くて酸味は少なめ。あかつきの”こども”と言われ、早めに桃を楽しみたい方にはおすすめの白桃。

【あかつきについて】
福島県を代表する品種。糖度が高く果汁も多い、最も人気の品種。

☆おいしい保存・調理のしかた
基本的に常温保存です。まだ硬いももを軟らかくするには1〜2日ほど常温に置いておくといいでしょう。すでに軟らかめの場合は新聞紙に包んで風通しの良い冷暗所に置いておくほうがいいでしょう。冷やしすぎると味が落ちるので、食べる2〜3時間前に冷蔵庫に入れて冷やすようにしてください。

Berry’s garden Farmはみんなの畑。パートナー募集中!

昨年の収穫後9月からこの畑を受け継ぎ、1年間近くBerry’s garden Farmとして行って参りました。

畑の主が手放す予定だったところを試しに預けてくれたのがきっかけです。

耕作放棄地の問題は日本中の課題ですが、後継者や担い手不足が原因。

「私が畑に入ることで、すこしでもつなげるなら。」と、半ば勢いで想いだけでスタートいたしました。

約10年果樹農家のお嫁さんという立場で手伝いの経験があるとはいえ、正直、経験や知識はまだまだで、日々、生産については近くの農家や仲間の農家の皆さんに教えて頂きながら支えられています。

日々、自然と向き合いながら改めて見えてきたものは、農業の課題とすばらしさだけでなく、人生や生き方までもが明確になりました。

今回の桃を食べていただくときのサービスも、畑で感じたこと、見えてきたことを実現するプランになっています。

未熟ながらも、ようやく収穫を迎えられることがとても嬉しく収穫を目前に感慨深い気持ちです。

また、一人では大変な作業でも、実は色々な方がBerry’s gardenサポーターとなり毎週一緒に畑に入ってくださっています。

「いつか食べてくれる誰かのために、畑を一緒に。」と、畑に関わってくれている方がいます。

そこでは、いつもは気づかない農業への課題や畑の資源にも興味を持って、メンバー同士でアイディアや意見を交換することができています。

どうやったらたくさんの人たちと一緒に大事な食をつくり畑を守っていけるか、

関わる方たちが畑を通してしあわせになっていただけるかをいつも話すことができています。

たくさん関わる人が増えていけば、守れる畑ももっと増やしていくことができます。

そしてBerry’s garden は、桃に限らずすべての農産物において「顔の見える農家」ではなく、もっと手前の大事なことである食や農業やこれからの地球について、一緒に大事に考えつくっていけたらと思っています。(今年は他の果物や農産物でも展開を予定中。)

ぜひBerry’s gardenにご賛同いただける方、サポータ一に興味ある方、農家さん・企業様・団体様がいらっしゃればぜひお問い合わせください✾

スキマ時間をたのしむ、ドライフルーツもどうぞ!

Berry’s gardenオリジナルの加工品ブランドはドライフルーツ。こちらもぜひご覧いただければ嬉しいです。(桃と一緒に同梱発送はできません。)

▶Berry’sGarden オンラインショップ
https://berrysgarden.info/

☆Berry’sGarden Farmの様子は、代表のInstagramにて配信中!
https://www.instagram.com/manamiberry


タグ:Foodlossイベントエシカルサスティナブル福島県農家体験農業イベント農業体験農育食育

投稿日:2021年2月19日


【特別企画!荒川区春祭り✾Berry‘sGardenおうち時間セット】

福島市交流都市の『荒川区春祭り』とのコラボ企画です!

毎年イベントとして行われている「荒川区春祭り」と交流都市の企画。

今年は、新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、日暮里駅前広場でのイベントは中止とし、新しい生活様式に適した見直しを行い、パネル展示の開催とインターネットを活用した特産品販売の案内等を行っています。

この度、Berry’s Gardenでも参加致します。

2月19日~3月18日期間限定セット!

コロナでイベントで皆様にお会いできませんが、この期間に特別セットでおうち時間をどうぞお楽しみください。

▼イベント詳細はこちら▼
https://www.city.arakawa.tokyo.jp/a015/bunkageijutsu/harumatsuri/harumatsuri.html

▼購入はこちら▼
https://berrysgarden.info/item-detail/735971


タグ:イベント荒川区

投稿日:2020年7月29日


ドライフルーツで支援/熊本×福島【chocolat yell】販売開始!被災地同士で”支援”について考えるPROJECT

この度の災害豪雨により、お亡くなりになられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々へお見舞い申し上げます。

この度、ご縁ありましてBerry’s gardenドライフルーツ支援をさせて頂き、さらに商品となり「支援プロジェクト」となり発売が開始されます。

ドライフルーツ支援の理由

私は、東日本大震災後、そして昨年の台風19号の際にたくさんの皆様に大変多くの支援をいただきました。そして、農業に関わりこれまで進んでくるときもたくさんの方に応援いただいて参りました。

沢山の方々の力で、私自身、そしてBerry’sGardenがあります。

そんな想いを込めて、昨年よりBerry’sGardenでは、全国の災害時に、本当に細々とではありますが「ツリーフルーツ災害支援」を行っております。

すぐに現地にいってボランティアはできませんが、福島の果物を通してドライフルーツをお届けさせていただくことはできますので少しでもお役に立てればと細々と行ってまいりました。

無添加で自然そのままの美味しさ、また乾燥してあるので軽くて日持ちもします。避難所ではなかなか生の果物を食べる事はできませんが、少しでも自然な美味しさで癒されていただければと思ってスタートしました。

東日本大震災の時に「非常食」が注目されましたが、その時に我が家にはりんごのドライフルーツがあり子どもたちも食べ物には困りませんでした。

実は、私が加工品をドライフルーツの商品からスタートした理由はここにもあります。

普段は”おしゃれ”な感じで果物のおいしさを楽しんで頂く商品ですが、いざという時にも誰かの役に立ちやすいものでありたいというのは商品の隠れたミッションでした。

また、Berry’s Gardenが掲げる「農」に対しても通じることでお役に立てることを考えて、この方法をさせて頂きました。

 

豪雨災害、被災地のようす

人吉の様子です。

 

今回のプロジェクトの経緯

今回、豪雨災害の際、3年前に東京で開催されたママそら主催「東日本大震災復興を考えるワークショップ」の会でご一緒した相藤春陽さんが熊本にいらっしゃったので、お送りさせていただく相談を進めたところ、「せっかくなので力を合わせて支援を継続できる方法を考えるために、商品にチャレンジしましょう」とお申し出を頂きました。

実は「Berry’sGardenツリーフルーツ」のみかんはスタート時から熊本産を使用。震災を経験した2県を基点に復興を通して県を関係なく”お互い様”という想いをつなげて行ければと思い、そのくだもの3種類でスタートしていたので、ご提案はとてもありがたいものでした。

そして、これまでタイミングも形も単発での”支援”が常に葛藤だった私にとって、「継続的な支援」を考えチャレンジできる機会をいただきました。

そこからは、あっという間にデザイナーさんやアーティスト、サポーター、クリエイターさんなどご賛同頂き、通常1か月はかかるような作業を1週間で完成。

 

イラストは、熊本でも有名でInstagram等でもファンが多い油絵画家の松本健志さん。果物の表情が本当に美しくて、素敵なデザイン。こちらも有志で使用許可をくださいました。

完成後は、すぐに販売スタート、熊本では3日で250個完売。

買ってくださったお客様含めて、関わる全ての人みんなが1日でも早く支援を届ける事を考えた結果でした。

そして、全て熊本の支援でお使い頂く予定でしたが、なんと「福島も一緒に頑張っていきましょう。福島の50個販売分は福島で役立ててください」と、お送りしたドライフルーツたちが【chocolat yell】となり福島へ里帰りしたのです。

まさに、”エール”が返ってきました。

 

熊本プロジェクトチーム「K studio」

「食」という共通テーマで、熊本の地域社会に役立つことを目的として設立し、被災地支援のために仲間とボランティアで活動しているプロジェクト「K.studio」。今回は、「ショコラエール」を企画し個数限定で熊本で先行販売。完売。さらに、第二弾では球磨焼酎を使ったボンボン、第三弾は県産有機野菜のサブレ詰め合わせと、非営利目的の「K.studio」の応援スイーツが続々と登場予定です。

メンバーは、今年3月まで「月刊タウン情報クマモト(通称タンクマ)」の編集長を務められておりました小崎信夫さん、熊本市南区にあるメゾン・ド・キタガワの北川博喜シェフ、料理教室や商品開発を手がけるハルラボ代表の相藤春陽さん。中山陽一さん。春陽さんとBerry’sGarden代表、景井がお友達のご縁でした。

K.studioのみなさん、本当にありがとうございました。これからもよろしくおねがいいたします。

▶︎FBページ
https://www.facebook.com/K-studio-k%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%AA-102297134800159/

 

「Chocolat Yell」メッセージ

この度は、Chocolat Yellをお買い上げいただき有難うございます。

このチョコレートは、集中豪雨被害の被災地への支援のために福島のアグリブランド「Berry’s garden」から贈られたドライフルーツを使い熊本の人気パティスリー「MAISON deKITAGAWA」の手により誕生しました。

りんごと桃は福島産、みかんは熊本産。

共に地震を経験した県に生まれた絆をチョコレートに込めました。

素材本来の味と香りが口の中でしっとりと蘇る感動をお楽しみください。

なお、売り上げの一部は被災地の支援金とさせていただきます。

このチョコレートがお買い上げいただいた方々のエール(応援)となりますようお祈りいたします。

ーSpecial thanksー
Berry’s garden
Art 松永健志
Design 野田和樹
Support Hub. craft. inc
K studio スタッフ一同

 

メディア掲載一覧

<熊本>
◾︎RKKラジオ『週刊おやじ情報 クマモト』
※記事はこちら

■熊本日日新聞社
■放送 くまパワーJ

<福島>
■福島民報新聞
※記事はこちら
■福島民友新聞
※記事はこちら

※民友新聞社様 掲載許可済
※五十音順

販売詳細について

【chocolate yell】
■福島販売分:限定50個
■パレットチョコレート1種(パッケージデザイン3種)
■価格:1000円(税込)
※売り上げの一部は被災地(福島販売分は福島)の支援金とさせていただきます。

<福島エリア店頭販売>
〒960-8041福島市大町4-15 チェンバおおまち1F
Girls Life Market 内 Berry’sGarden
月~土曜 10時~19時
(景井は火曜日おりますが、不在も多いのでご了承ください。購入は営業時間内OKです!)

<オンラインショップ>
https://berrysgarden.info/item-detail/451405
※ご発送対応は3枚セット販売(1セット×パッケージ3種)になります。


 お問い合わせ

▪️熊本
K.studio
小崎信夫 北川博喜、相藤春陽
TEL 090-1368-5703(広報窓口:小崎)

▪️福島
Berry’s garden 景井愛実
問い合わせフォームはこちら

※災害現場は状況により混乱や物流の問題がある場合があり、勢いで「支援」することで逆に負担をかけてしまったり迷惑になってしまう場合があるため、Berry’sGarden商品のやり取りや企画は、信頼している方または団体様と慎重に確認をさせて頂いた上でやり取りし対応とさせていただいております。問合せ等は、被災地への配慮の上お願い致します。


おわりに

今は、日本どこでも災害の可能性が大きくなっています。コロナの影響は日本中世界中の困難でもあります。

だから”支援”という言葉がもう合わない。

これからは、改めて”お互いさま”という気持ちを持ち直して日本全体で助け合える仕組みを作っていくことが、防災とともに必要なのではないでしょうか。

そんな事を教えて頂いた貴重な機会となりました。

豪雨災害、そして各被災地の1日も早い復旧復興をお祈りしてます。

Berry’s garden代表 景井愛実


タグ:チョコレート復興支援支援農業女子