news 2019-03-18T19:52:00+00:00

news

Berry's garden news

ー最新記事ー

投稿日:2019年7月24日


7/30宿題もできる?!夏休み!農産物の親子スムージーワークショップ開催!

親子食育体験!ふくしまの農産物を楽しもう!桃のスムージーワークショップ体験!

夏休み入りましたね!皆様いかがお過ごしでしょうか?

小学生のお子様のママさんは、宿題に頭を悩ませていることと思います。今年の福島の小学生の宿題に多くあったのが「食育」関係。その中でBerry’sGardenができるスムージーでワークショップを開催することにしました。

素材の味・栄養をそのまま生かしたレシピにスムージーはぴったり。ワークショップではスムージーのみ体験のため「お弁当」や「和」ではありませんが、ワークショップ内では、夏の福島の農産物を使った家でチャレンジできるレシピのアドバイスやアイディアもお伝えします。会場には気軽に滞在できるカフェスペースもありますので、涼しいところでそのままお子様の宿題をしていただくことも可能です。

長い夏休み、お子様との時間を楽しく宿題もすすめられたらいいですね!

当日限定で桃の販売もあります。

ぜひお待ちしています!


「スムージーワークショップ」詳細

親子食育体験!ふくしまの農産物を楽しもう!桃のスムージーワークショップ体験です。

■日時
7月30日(火)

■場所
Markest -マーケスト-
〒960-8041 福島県福島市大町4−15
※駐車場は近隣のパーキングにお停めください。

■時間
10時30~17時30分

①10:30〜11:30

②12:00〜13:00

③13:30~14:30

④15:00~16:00

⑤16:00~17:30

■料金
600円(体験料込み1杯)

■内容
夏のスムージーを体験、試食、食育宿題の相談等

■使用する食材
もも・ほうれん草・しそ・トマト 等   ※収穫タイミングにより変わります。

■持ち物
エプロン、手拭き、宿題(カフェスパースでやりたい方)

■お申込みはこちら
https://reserva.be/mamaringrink/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=2aeJwzNDQ1NjYGAAQnATE

■お問い合わせ
お問い合わせは、loveberry.247@gmail.comまで。
その他、連絡先は返信メールに記載いたします。

Berry’sGarden
担当:景井愛実

 

 

 

 

 

 

 


タグ:イベントスムージーワークショップ福島市食育

投稿日:2019年7月15日


Berry’sGarden桃のご注文について

Berry’sGardenが選ぶ一押し農家のふくしまの桃!

「福島の農産物をたくさんお伝えしたい。」

「もっとたくさんの方に農産物を楽しんでいただきたい。」

「地域で連携をしてみんなで農産物をお伝えしていきたい。」

そう考えており、Berry’sGardenでは、「Berry’sGardenの理念」に共感やお互いに共感信頼できる農家さんとパートナーとして協力・連携をしています。

(ちなみに現在、代表景井は福島の果樹をもっと学ぶため、梨・キュウイ農家さんの農業女子の先輩に研修に入らせていただき作業や畑を学んでいます。)

そんなBerry’sGardenパートナーの農家より直送の農産物もお届けします。

Berry’sGardenでは、贈答用もございますが、「農産物の本当の価値」もお伝えしたく色や形が不ぞろいのため中々流通しないけれど、味は期待のできる選りすぐりのものも集めました。

 

そのため、Berry’sGardenでは、完全オーダー制。

お客様が求める品種や規格・量等を直接お伺いしてご注文をお受けいたします。

ご注文ご希望の場合、まずは「お問い合わせフォーム」よりお願いいたします。

 

ふくしまの代表品種はあかつき

8月に旬を迎えるあかつきは福島を代表する桃です。全国二位の生産量を誇る有数の生産地。福島は盆地で、特に夏は暑いだけでなく湿度もあり糖度が高くなります。果肉も密でしまっているのが特徴です。福島の代表品種の「あかつき」は、福島市中心部にある信夫山の「暁参り」が由来です。

 

Berry’sGardenパートナー農家

■伊達水密園(佐藤祐樹様)

有限会社伊達水蜜園 佐藤佑樹

 

■やぎぬま果樹園(八木沼恵子様)

やぎぬま果樹園FBページ

 

お申込みフォーム

contact

Berry’sGardenについて

about


タグ:もも福島販売

投稿日:2019年6月9日


【コラム掲載】民報新聞社 情報紙Time「農女びより」No.53

6月6日発行、民報新聞社情報紙『Time』内の「農女びより」No.53に掲載いただきました。毎週木曜日発行の情報ナビTimeの毎週第1,3週に農業女子メンバーが日々感じる思いやエピソード、農産物への思いなどをつづっています。

今回二回目。何をお伝えしようか色々考えたのですが、私が「農業」に取り組んできた初心に返り、振り返って書かせていただきました。

嫁いで12年。思えば、元々「農業」をやろうとは全く思っていなくて、「農家のお嫁さん」という”その時にあった環境でどうするか”というところからのスタートでした。動いていくうちに農業・農家としての楽しさ・大変さ・尊さ・課題・・・様々なものを知り段々と農業に向き合ってきた今があります。

そんな記事をまとめていただきました。

まだまだ道半ばですが、引き続きよろしくお願いいたします。

掲載いただき、有難うございました。

▪︎民友新聞社:https://www.minpo.jp/pub/topics/time

(民報新聞社様 掲載許可済み)

▼1回目の「農女びより」掲載はこちら▼

【コラム】民報新聞社 情報紙Time「農女びより」第2回掲載

 

過去のメディア掲載記事

https://berrys-garden.com/media/

講演・メディア掲載のご依頼はこちら

https://berrys-garden.com/contact/


タグ:コラムメディア掲載新聞掲載農業女子